一般歯科

トップページ > 診療案内 > 一般歯科

快適な生活を

送っていただくために

患者さんのお口の中は一人一人違います。そのため、同じような症状に見えても、患者さんのご希望や体調によって治療方法が異なる場合もございます。ひまわり歯科クリニックでは、患者さんがどんな治療を希望なのか、お口の状態はどうなっているのか、どんな治療の選択肢があるのかなど、しっかりお話を伺ったり、ご説明をしてから診療にあたらせていただいております。

患者様に合った治療を提供いたします。

無理に自費診療を勧めることはありません。

歯科衛生士

蔵前駒形ひまわり歯科クリニックの痛くない治療

01

Q. 歯医者は痛い?

従来の歯科医院の「怖い・痛い」というイメージを払しょくするために、「無痛治療」を心がけた治療に努めています。

02

Q. 無痛治療とは?

治療にともなう痛みを抑えるために局所麻酔を使用する場合がありますが、この時、麻酔注射の針を刺す「チクッ」という痛みを感じることがあります。こうした麻酔注射時の痛みすら取り除いた治療が、無痛治療です。当院では、無痛治療を心がけています。

電話で話している受付の女性

03

☑痛くないから通いやすい

蔵前駒形ひまわり歯科クリニックの治療は、受けられた患者様から、”ほとんど痛くなかった”とご好評いただいております。初診時には非常に緊張されていたような方にも、継続してご来院頂けていることが、当クリニックの痛くない治療の評価の表れだと思っています。

虫歯の治療

虫歯は、歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)が食べ物から栄養を取り、作った酸によって歯が溶けてしまった状態です。初期段階では痛みもほとんどありませんが、虫歯が進行していくにつれ、冷たいものや甘いもので歯がしみるようになります。虫歯を放置しておくと、歯が溶けて痛みや腫れが出ることもありますので、早めの検診、定期的な検診を心がけましょう。虫歯はこうして進行していきます。

汚れが溜まった歯のイラスト

虫歯の進行段階

虫歯のイラスト

01

初期の虫歯(C0)

まだ歯に穴は開いていない虫歯の初期の段階です。表面が溶かされてツヤがなくなり、白く濁って見えたり、薄い茶色になったりします。歯を削らなくても、適切なブラッシングやフッ素塗布などの処置で治癒をはかることが可能です。

虫歯のイラスト

02

エナメル質の虫歯(C1)

歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴が開いている状態です。痛みなどの自覚症状はありません。CO同様に、適切なブラッシングやフッ素塗布などの処置で進行を防ぐことが可能です。

虫歯のイラスト

03

象牙質まで進んだ虫歯(C2)

虫歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態です。強い痛みなどはありませんが、冷たい食べ物や飲み物で沁みたりします。この段階まで進行すると、歯を削るなどの治療が必要となり、削った後は詰め物を詰めます。

虫歯のイラスト

04

神経まで進んだ虫歯(C3)

虫歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態です。表面の穴は必ずしも大きくなく、内部で広がっていることがある。何もしなくても痛んだり、熱いものがしみたりするようになります。この段階まで進行すると、根管治療などの大がかりな治療が必要となる場合があります。根管治療の最後には被せ物を被せます。

虫歯のイラスト

05

歯根だけ残った虫歯(C4)

歯の根っこ(歯根)だけが残って、歯の見える部分(歯冠)がほとんど溶けてしまった状態です。神経(歯髄)が露出し、細菌に感染すると、根の先に膿が溜まったり、痛みが起こったりすることがあります。この段階まで進行すると、抜歯を検討しなければいけなくなります。抜歯後は、インプラント・入れ歯・ブリッジなどの補綴治療で歯の機能性・審美性の回復をはかります。

「歯を残す」治療

当院の方針は、なるべく抜かずに神経もなるべくとらずに治療することです。患者様の本来の歯を活かし快適な生活を送っていただけるよう、様々な知識、技術、方法をもって治療にあたるようにしています。

歯に与えるダメージを最小限に抑え、本当に修復するべき部分だけを治療し、患者様に負担を与えないように、できるだけ歯を残すための治療を心がけています。

虫歯が進行しすぎてしまうと、歯を抜かなくてはいけないケースも出てきてしまいますので、そうなる前に来院いただき、治療を受けることをおすすめします。

院長
蔵前駒形ひまわり歯科クリニック

〒111-0043 東京都台東区駒形2丁目5-3

モチヅキビル2階

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック©2022