歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、お口の中にたまるプラーク(歯垢)内の歯周病菌が原因となって歯肉や歯を支える骨を破壊していく疾患です。 日本人の成人の約80%の人が歯周病であるとも言われており、糖尿病などと同じく生活習慣病の1つでもあります。

慢性疾患であり、コントロールは出来るが完治するということはないので、日々の歯ブラシと歯科医院での定期的なクリーニングなど(PMTC)、予防的なケアが重要です。


日本人成人の80%は歯周病

痛みや症状がほとんど無いため、気付きにくい

歯周病の歯

歯周病の原因

歯周病とは歯周病菌が原因で引き起こされる、歯肉の感染症です。

歯磨きが十分にできていないとプラークという細菌の集まりが歯と歯肉の間に溜まり、この細菌が繁殖することで歯周病が起こります。細菌による毒素で炎症を起こし歯肉から出血することもあります。

汚れが溜まった歯のイラスト

歯周病の進行

歯周病は痛みなどの自覚症状が乏しく、気付きにくいです。人によっては、歯医者に行った段階で、すでに症状が進行していて悪化している場合もあります。歯周病菌はまず歯肉の歯肉炎を引き起こし、悪化すると歯を支える骨にまで影響が出る歯周炎を引き起こします。

歯周炎は【軽度】【中等度】【重度】の3つの段階に分けられます。まずはどの段階の歯周病なのかを把握してみましょう。

重度歯周炎

歯周病の症状

歯周病は初期段階ではほとんど痛みなどの自覚症状が現れないため、痛みなどの症状を覚えて歯科医院にお越しになった時には、すでに重症化していたというケースも少なくありません。早期発見・早期治療をはかるためにも、歯科医院で定期メンテナンスを受けるようにしましょう。

歯肉炎

以下のような症状がある場合はご相談ください

歯肉が腫れていたり膿が出る

歯がグラグラする

硬いものを噛むと痛む

口臭が気になる

以前に比べて歯が長くなったような気がする

歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい

歯を磨いた時に血が出る

歯が浮いているような気がする

朝起きた時に口の中がネバネバする

歯周病治療のポイント


女性

01

ご自身によるプラークコントロール

現状の歯磨きでどこが磨けていないのかを確認し、正しい磨き方を学んでいきます。歯磨きによりお口の中の細菌を減少・抑制いたします。

説明している歯科衛生士

02

専門家によるプラークコントロール

スケーリング・ルートプレーニング・必要に応じて歯周外科を行います。スケーリングとは、歯の表面からプラークや歯石を除去することであり、ルートプレーニングは歯根面に浸透した菌体外毒素を除去し、清潔で清潔で滑沢な根面を作ることです。

歯のクリーニングをしている歯科衛生士

03

メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することを言います。治療ももちろん大事なことですが、このメンテナンスもとても重要です。繰り返しの治療が結果的に悪い結果を招いてしまうので、いかに治療の繰り返しを減らしていけるかが歯を守るためには必要です。 そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なクリーニング(PMTC)を定期的に行います。


最低でも4ヵ月に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3か月毎に歯ぐきの状態を確認し、維持していくことをお勧めします。


診療一覧

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック

〒111-0043 東京都台東区駒形2丁目5-3

モチヅキビル2階

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック©2022