予防歯科

歯が痛くなる前に治療を

予防歯科とは歯が痛くなってから治療するものではなく、痛くなる前に虫歯や歯周病などの病気を予防する事です。

虫歯になってしまった歯を治すよりも、歯を虫歯から守ることを重視した考え方です。


そもそも虫歯や歯周病にならなければ、歯が痛むことも歯を失う事もありません。お口の中を見て、治療するかどうかを見てもらうことが大切です。毎日のケアで歯の健康を保つことで、生涯にわたって自身の歯で噛めるようになります。



痛くなる前に治療を

定期健診で歯の健康を保ちましょう

受付の女性

当院の予防歯科

口腔内診断

ブラッシング指導

定期健診

専門治療

定期健診で歯の健康を

おばあさん

Q. 70歳で日本人の歯は何本残っている?

日本人の70歳のときの平均残存歯数は約16本と言われていて、自分の歯だけではしっかりと噛めないという方が多いです。生涯にわたって自分の歯で噛めるようにしっかりとケアをすることが大切です。

Q. 予防先進国では歯は何本残っている?



大人の歯の本数は親知らずを含めて32本、すべての親知らずを抜いてしまった場合で28本です。予防歯科の先進国と言われているスウェーデンでは、70歳の時の平均残存歯数は“21本”です。


70歳になっても自分の歯で食事を楽しめているようです。

痛くなったら歯医者に通う」と思っている方がほとんどですが、予防先進国では「痛くなる前に予防のために歯医者に通う」という考え方が根付いているため、70歳になっても健康的な歯を保てています。


女性
歯を失う原因は?

Q. 歯を失ってしまう理由

歯を失う二大原因は【虫歯】【歯周病】です。

一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、比較的若いうちは虫歯で失われる場合が多いのですが、残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。

【虫歯】【歯周病】をどう防ぐのかがポイントになります。


定期健診でお口の中をチェック


歯や歯茎など、お口の中全体を定期的にチェックし、虫歯や歯周病になっていないかどうかを確認します。

また、虫歯や歯周病の確認だけでなく、歯科衛生士によるブラッシング指導も行っています。

院長

定期健診を受けるメリット

01

早期発見・早期治療ができる

定期的に歯医者でお口の中を診てもらうことによって、歯や歯ぐきの状態の変化をいち早く気付き虫歯や歯周病を予防することができます。

初期の虫歯を見つけたら削らずに済むことや、歯ぐきの炎症でもすぐにおさまる場合があります。

歯科衛生士

02

医療費を抑えることができる

「定期的に検診に通うということは、その分お金がかかるのでは……」と思われがちですが、実は定期検診に通っている方が治療費を抑えることが出来ます。定期検診を受けず痛くなってから受診した場合、症状がかなり進行していることがほとんどです。その場合は、治療に費用もかかるため、定期検診を受けていたほうがお得になることがほとんどです。治療による通院回数や治療時間も定期検診のほうが少なく済みますので、定期的に歯医者に通うようにしましょう。

歯が綺麗な女性

03

見た目の綺麗さをキープできる

定期検診ではお口の中のチェックと共に、それぞれに合った歯磨きの指導があります。また、定期検診の際に歯石除去や歯のクリーニングを行うと毎日の歯磨きでは落としきれない汚れがなくなり、綺麗で健康な歯をキープできます。

定期健診の流れ

お口の中をチェックしている歯科衛生士

01

お口の中をチェック

歯や歯茎など、お口の中全体を定期的にチェックし、虫歯や歯周病になっていないかどうかを確認します。

歯のクリーニングをしている歯科衛生士

02

クリーニング

歯磨きだけでは落とせない歯石やプラークなどの汚れを、専門の器具を使ってきれいに取り除きます。

ブラッシング指導している歯科衛生士

03

ブラッシング指導

歯磨きは、しっかりと磨いているつもりでも、磨き残しがたくさんあると言われています。口腔内を検査して、汚れの付着があれば、再度ブラッシングの指導を行います。

診療一覧

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック

〒111-0043 東京都台東区駒形2丁目5-3

モチヅキビル2階

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック©2022