シーラント

お子さまの虫歯予防

乳歯や生えたての永久歯は大人の歯よりも弱くデリケート

一般的に大人になるにつれて、虫歯になりにくくなる傾向があります。

大人と同じ対策をしていては、虫歯になってしまう事も少なくありません。

お子さまの歯を守っていく為にどうしたら良いのか、また小児歯科の重要性をご紹介いたします。

小児歯科

お子さまの歯を守っていくための方法

はみがき指導

01

正しい歯磨き習慣

食後の歯磨きは必要ですが、
その中でも特に就寝前では念入りに歯磨きを行いま
しょう。
睡眠中には唾液の量が減り、
細菌が繁殖しやすく虫歯や歯周病などの病気は、
寝ている間に進行する事がほとんどです。

1日1回でもいいので、できれば10歳前後までは
保護者の方が仕上げの歯磨きをしてあげてください。



お菓子を食べている子供

02

糖分を摂り過ぎない

虫歯が出来てしまう一番の要因は
糖分の摂り過ぎです。
虫歯は、虫歯菌が糖分を餌にして酸をつくり、
それが歯を溶かす事で起こります。
口の中に糖分が長く留まることのないよう、
注意しましょう。


女性

03

定期健診と虫歯にならない為の予防を受けましょう。

定期健診を受けることで仮に虫歯が出来ても早めに
治療ができ、進行をストップさせる事ができます。
そして虫歯にならないよう、歯の溝をコーディング
する「シーラント」をおすすめいたします。


シーラント処置の流れ

歯磨きをしている子供

01

最初に歯の溝の部分の汚れを取り除きます。

歯の溝は汚れがたまりやすい場所です。
特に、生えたての歯は未成熟で溝も深いため、
よりたまりやすくなります。 

シーラントを施す前には必ず掃除をしてから行います。


小児歯科

02

歯を乾燥させてシーラントの前処理の薬剤を塗布

歯を乾燥後シーラントの前処理の薬剤を塗布し、
数秒置いた後水で洗って再度乾燥させます。 


小児歯科

03

歯の溝にシーラントを塗ります。

歯の溝を埋める為、シーラントを塗っていきます。


シーラントのイラスト

04

光を当ててシーラントを硬化

特別な光をあてる事により、硬化していきます。 
小児歯科

05

施術後は定期的にチェック

毎日食べ物を噛んだり、歯磨きをしているうちに
シーラントが取れている事があるので、
定期的にお子さまの歯をチェックしてあげて下さい。 

診療一覧

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック

〒111-0043 東京都台東区駒形2丁目5-3

モチヅキビル2階

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック©2022