小児歯科は何故必要?

通院のメリットや乳歯の健康の為に出来る事

1.小さい頃から小児歯科に通うメリット

虫歯はなさそうだし、まだ大丈夫と思っていませんか? 小児歯科は大人の歯科以上に「予防歯科」としての役割が大きいです。 お子さんの歯はとても繊細でナイーブなもの。 大切な歯を守るためにも小児歯科の役割を知っておくのは大切です。

小児歯科

・歯磨きの習慣や、虫歯になりにくい生活習慣が身につく

小さいお子さんに歯磨きの大切さを伝えるのはとても難しいことです。
乳歯のうちに虫歯が増えてしまうと生え変わった永久歯も虫歯になりやすくなりますし、歯並びにも影響してくるのですが、言葉で説明してもなかなか理解してくれません。
小児歯科ではイラストや実際の器具を見せながら丁寧に指導を行いますので、お子さんに合わせた伝え方が可能です。
歯医者に通う習慣虫歯になりにくい生活習慣を身に着ければ、大人になってからも健康な口内環境を保つことができます。
「歯医者が怖い」というのは幼少期の嫌な経験が元になっていることが多いので、予防歯科など痛みや恐怖を伴わない通院をしておくと歯医者嫌いにもなりにくいでしょう。

はみがき指導

・乳歯の虫歯を適切な時期に治療できる

乳歯は非常に柔らかく、永久歯よりも虫歯になりやすいと言われています。
また、乳歯の虫歯は痛みを感じにくいため知らず知らずのうちに進行してしまうことが多いです。
「生え変わるから大丈夫」と思われがちですが、実際には口内の虫歯菌も増えるため、生え変わったあとの永久歯にも影響が出てしまいます。
初期の虫歯なら痛みの伴う治療も必要ありませんし、恐怖を与えずに再発を防ぐための処置ができますので、早いうちから小児歯科に通院して乳歯の虫歯を適切に治療するのが大切です。

小児歯科

2.小児歯科でできる治療や予防処置

歯医者というと虫歯を治療するイメージが強いかもしれませんが、小児歯科ではお子さんの歯を健やかに保つためにいろいろな処置ができます。
本章では小児歯科でできる処置・治療をご紹介します。

予防処置

歯磨き指導・生活習慣指導

小児歯科に通い始める年齢にもよりますが、はじめは歯磨き(ブラッシング)の方法や、甘いものとの付き合い方など、虫歯になりにくい生活習慣を身に着けるための指導をしていきます。
お子さんの発達に合わせ、一番わかりやすい方法でご説明しますのでご安心ください。
病院が苦手なお子さんには、まず歯医者に慣れてもらうところから始めることもあります。

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促進する効果があります。
初期の虫歯ならフッ素塗布だけで改善させることができますし、痛みも伴いませんのでお子さんにはぴったりの治療です。
また、虫歯菌の働きを抑えたり、虫歯に強い歯質にしてくれたりと虫歯予防にも非常に効果的ですので、予防の観点からフッ素塗布を行うこともあります。
特に乳歯・永久歯ともに生えて間もない歯は効果が高まると言われていますので、小児歯科で継続的に塗布をしてもらうのがおすすめです。

シーラント

シーラントとは磨きにくく虫歯になりやすい歯の溝に樹脂を流し込んで固める処置方法です。
生えたての歯など特に虫歯のリスクが高い歯に施すことで虫歯になる可能性を減らすことができます。
通常の詰め物より取れやすいため、期的な検診が必要ですが、小児歯科では効果が高くおすすめの予防法と言えるでしょう。

シーラント

蔵前駒形ひまわり歯科クリニックの予防歯科

【蔵前駒形ひまわり歯科クリニック】ではお子様おひとりおひとりに寄り添い、年齢に合わせて適切な治療を行っています。
定期的に通院いただければ「痛い治療」「怖い治療」をしないで済む可能性も高くなりますし、歯医者が嫌いにならずに済むかと思いますので、ぜひお子様と一緒にご来院ください。
また、生えたばかりの乳歯・永久歯への予防処置は効果も高いです。
現時点で虫歯がなくとも(乳歯の虫歯は痛みが少なく気づいていないこともありますが)予防をしていくことが将来の健康につながります。
予防歯科をご希望の方もどうぞお気軽にご相談ください。

蔵前駒形ひまわり歯科クリニック

関連記事